クラブ歴史

チャーターメンバー

66名の方々がチャーターメンバーとして参加され我がクラブが誕生しました。

 創立時の会員は66名でしたが、今チャーターメンバーは私一人という事で、うたた感慨深いものが有ります。
 名城クラブは”良いクラブ”だという一言に尽きます。初代・2代会長を努められたL青山房三さん、私はクラブの礎を作られた青山さんに「ご先祖様」というニックネームを奉っていましたが、初代の先祖様を初めL林孝さんら諸先輩の方々のご指導が良く、会員の皆様も「和」を持ってクラブ運営をされ、極めて品位のあるクラブに育てて頂きました。又「継続は力なり」の表現を借りて言えば「団結は力なり」クラブ運営においては、協調性や団結力が何より大事ですが、名城クラブには、池に石を投げれば波紋が拡がる様に、いつたん事がある時には、会員諸兄が一致協力して事に当たると言う土壌があります。それは、創立25周年で、南京から児童30人を招きバンド合同演奏会を開催した折り、児童が突然高熱を発するトラブルがあった時、その対応、企画変更・準備等に会員の皆様が骨身惜しまず、対応される姿に、本当にまとまりの良いクラブだと痛感したことでした。
 私は多忙にかまけ例会出席も芳しくなかった不良会員でしたが、この素晴らしいクラブに、ライオンズ・ライフを過ごさせて頂いた事を心から感謝しております。

L社本宮明
  • L青山 房三
  • L阿部 信之助
  • L荒尾 悌治
  • L秋月 一孝
  • L江崎 達夫
  • L古市 寛語
  • L菱田 健市
  • L今瀬 研助
  • L石塚 勲
  • L岩田 良一
  • L岩津 正雄
  • L神野 裕輔
  • L加藤 平兵衛
  • L加藤 徳彦
  • L勝川 真光
  • L加賀 俊雄
  • L葛谷 有亮
  • L河野 弥平
  • L黒田 良一
  • L筧 昌憲
  • L春日 忠男
  • L角田 信三
  • L小島 武夫
  • L社本 宮明
  • L益田 時治
  • L水谷 舜一
  • L水谷 徳次郎
  • L宮田 尚並
  • L宮田 吉耀
  • L溝口 昇
  • L水野 三子男
  • L森川 倉次
  • L本山 亨
  • L宋本 甲治
  • L武藤 鉦八郎
  • L永岡 卯之吉
  • L中村 市次
  • L西田 徳造
  • L西澤 徳次郎
  • L野田 博之
  • L沼田 耕作
  • L大池 龍夫
  • L大島 武雄
  • L岡本 秦人
  • L岡田 文雄
  • L岡田 逸生
  • L奥山 宗雄
  • L尾関 博
  • L佐倉 博
  • L佐野 都司雄
  • L杉浦 栄三
  • L相馬 貞蔵
  • L鈴木 一敏
  • L鈴木 彦次郎
  • L仙田 清
  • L田中 康弘
  • L外松 信雄
  • L内野 建夫
  • L梅村 春雄
  • L渡辺 登
  • L山崎 重蔵
  • L山田 憲三
  • L山田 修生
  • L矢野 孝平
  • L吉田 憲一
  • L吉田 正巳

故L 青山 房三(元ガバナー)

故L 青山 房三

L 林 孝(元ガバナー 1998年~1999年)

私が名城ライオンズクラブに入会を認められたのは、昭和39年1月に名古屋北ライオンズクラブをエクステンションして、当クラブの相当数のメンバーが、キーメンバーとして北ライオンズクラブへ移籍されたので、補充を計られた時のことであり、入会式当日のメンバー数は84名であった。当時は全日本が一つの複合地区(302複合地区)であり、準地区はE1~E4、W1~W6の合計10地区であった。名城ライオンズクラブはE2地区に所属し、現在の334複合地区(東海北陸8県)が一つの準地区であった。
名城ライオンズクラブが、名古屋ライオンズクラブ(現名古屋ホストライオンズクラブ)のスポンサーにより、昭和36年10月26日に結成式が行われたのだが、名古屋ライオンズクラブから名城ライオンズのキーメンバーとして移籍を希望する人が少なく、最終的に「桜通り以北に事務所又は住居のあるメンバーは、全て名城ライオンズクラブへ移ること」と決定されたと初代会長であり、後にガバナーを努められたL青山房三からお聞きしたことがありました。
それ以後、名城ライオンズクラブのテリトリーは、中区桜通り以北、南外堀町以南、堀川以東、中央線以東と定められた経緯がありました。
当時のライオンズクラブは、そのテリトリーを堅く守っていたが、次第に緩やかになり、現在では比較的自由に希望するライオンズクラブに入会出来るようになっています。
奉仕活動に関心のある方に、仲間になって頂く事を切に希望します。

L 林 孝

L 青木 重臣(元ガバナー 2009年~2010年)

名古屋名城ライオンズクラブは、1961年(昭和36年)10月26日に結成され、今年度は結成55周年となります。この間、当クラブは、メンバーの情熱と結束によって、毎年絶えることなく様々な奉仕活動を続け、55年にわたる奉仕の歴史を刻みました。その中で特筆すべきは、一つは名城公園の整備であり、もう一つは今年度35回目となる名古屋市小学校バンド演奏会主催の継続です。
名城公園には、オオムラサキツツジ1万本植樹をはじめ、「おふけ亭」、「せせらぎ亭」、レリーフ「舞」の寄贈、「あじさいの道」、「さくらの小径」の設置等や毎年の早朝清掃アクティビティによって、公園の整備に努めてきました。
バンド演奏会では、現在では30校1,000人を超える児童が参加し、20周年、25周年の際には南京の児童を招き、40周年にはシドニーの児童を招き、国際色を加えました。現在までに2万人を超える小学生に管楽器演奏の場を与え、生涯の思い出の舞台を作ってあげました。
この他にも沢山の奉仕活動を行ってきましたが、私にとって思い出に残るものとしては、幹事として関与した35周年の身体障害者作陶会があげられます。市内9つの施設に、当クラブメンバーが9つのグループに分かれ、各施設に出向き、障害者と共に土に触れる喜び、創造する楽しみを味わいました。そして、出来上がった作品は、芸文センターで三笠宮寬仁親王殿下をお迎えしての作品展を実施しました。健常者・障害者の区別なく、自分の作品に満面の笑みを浮かべる姿に感動したものです。
また、海外奉仕活動として、平成20年5月、平成24年5月には、中国・内モンゴル自治区クブチ沙漠・恩格貝(おんかくばい)で植林活動をし、平成24年2月にはLCIF交付金を使ってのスリランカ・ネゴンボ地区での幼稚園建設事業を実施し、いい思い出となっています。
名古屋名城ライオンズクラブは、今後も心のこもった奉仕活動を続けてまいります。

L 青木 重臣

クラブの歩み

初年度
(1961年10月~1962年6月)

クラブスローガン
青少年のために

会長:L青山房三

幹事:L佐野都司雄

会計:L河野弥平

会員数:75名
主なアクティビティ
  • 10月

    10月26日名古屋名城ライオンズクラブを結成する。
    名古屋LC(現名古屋ホストLC)のスポンサーにより誕生。

  • 12月

    市内養護施設21ヶ所に対し年末プレゼントを持って慰問する。

  • 3月

    25日チャーターナイトを名古屋みなとLCと合同にて名古屋市金山体育館にて開催する。
    市内児童施設8ヶ所の子共500名を「シバタサーカス」に招待。

  • 5月

    中区大井町市営プール前を走る山王線の交通事故多発場所に安全島を築造。
    これがきっかけで名古屋市が作るようになった。

第2年度
(1962年7月~1963年6月)

クラブスローガン
交通安全のために

会長:L本山亨

幹事:L武藤鉦八郎

会計:L黒田良一

会員数:83名
主なアクティビティ
  • 8月

    日本ボーイスカウト愛知連盟、アジアジャンボリー参加の為テントを寄贈。
    恵那峡にて家族会を開催。

  • 10月

    CN1周年記念に小学校、6校へ交通安全用の黄旗を贈る。
    母子家庭の子100名を、岐阜金華山プラネタリウム遊園地へ招待。

  • 2月

    北陸地方へ豪雪見舞金を贈る。(合同)

  • 6月

    スローガンに基づき建設省へ道理標識を贈る。

第3年度
(1963年7月~1964年6月)

クラブスローガン
明るくすみよい街づくり

会長:L相馬貞蔵

幹事:L野田博之

会計:L西澤徳冶郎

会員数:77名
主なアクティビティ
  • 9月

    県立名古屋盲学校へ蛍光灯を贈る。

  • 10月

    身障者と保護者を湯の山へ招待する。

  • 12月

    名古屋市へ公衆移動式トイレを寄贈する。
    留学生30名をクリスマス家族会に招待する。

  • 3月

    CN3周年記念式典を行う(名古屋都ホテル)記念に名古屋市へ道路クリーナーを寄贈する。

  • 4月

    18日名古屋北LC、名古屋中LC合同でCN式典を行う(名古屋国際ホテル)

  • 6月

    新潟地震へお見舞いを贈る。

第4年度
(1964年7月~1965年6月)

クラブスローガン
明るく住みよい街づくり

会長:L青山房三

幹事:L河野弥平

会計:L中村市次

会員数:83名
主なアクティビティ
  • 7月

    ドライブクラブ15名で発足。
    しらゆり母子寮親子50名を長良川へドライブに招待する。

  • 10月

    東京オリンピック開催の為国旗を配した世界地図を作成し教材として、県下1440校へ寄贈する。

  • 12月

    名城公園内体育館前に、水銀灯3基寄贈する。
    北海道冷害地救済義捐金を贈る。

  • 4月

    重度肢体不自由児92名を17台の車で三ヶ根山荘へ招待する。

第5年度
(1965年7月~1966年6月)

クラブスローガン
心身障害者に愛の手を

会長:L石塚勲

幹事:L水谷徳冶郎

会計:L森島武男

会員数:84名
主なアクティビティ
  • 7月

    スローガンに基ずき、身障児82名を梶島へ2泊3日のキャンプへ招待する。

  • 3月

    桜天神社春の大祭に行われる献書会に協賛する。(第1回)

  • 4月

    春の家族会を八勝館の庭園にて行う。

  • 5月

    第12回年次大会が愛知県にて開催される。
    年次大会を記念して、栄バスターミナル付近に、大時計塔を寄贈する(合同)

第6年度
(1966年7月~1967年6月)

クラブスローガン
心身障害者に愛の手を

会長:L杉浦栄三

幹事:L山田修生

会計:L宮田尚並

会員数:83名
主なアクティビティ
  • 9月

    日本赤十字社へ血液輸送車を寄贈する。(5周年)

  • 10月

    クラブ創立記念バザーを名銀ビル9Fで行う
    静岡県・山梨県・宮古島での、26号台風災害のお見舞いをする。

  • 12月

    名古屋城内へ、国旗掲揚塔を寄贈する。(名古屋北LCと合同)

  • 3月

    小中学校に「国旗をかかげましょう」の印刷した下敷きを寄贈する。
    中消防署へ連絡用バイク3台寄贈する。

第7年度
(1967年7月~1968年6月)

クラブスローガン
交通の災禍を絶とう愛の手で

会長:L武藤鉦八郎

幹事:L水谷舜一

会計:L永岡卯之吉

会員数:77名
主なアクティビティ
  • 8月

    学びつつ働く新聞少年と、北海道の少年との交歓会開催へ資金寄贈する。

  • 1月

    スローガンに基づき中警察署へ広報車を寄贈する。

  • 3月

    CN5周年記念例会を名古屋みなとLCと合同で中日パレスで行う。

  • 6月

    名古屋国立病院へ絵画を寄贈する。

第8年度
(1968年7月~1969年6月)

クラブスローガン
交通の災禍を絶とう愛の手で

会長:L加藤平兵衛

幹事:L森川倉次

会計:L佐倉博

会員数:80名
主なアクティビティ
  • 9月

    三河地区の集中豪雨の見舞金を、町村を通じて贈呈する。

  • 11月

    中消防署へ等身大の人工呼吸訓練用人形一式を寄贈する。

  • 3月

    名古屋LC・名古屋名城LC・名古屋中LC合同で消防広報車「若獅子3号」を寄贈する。

  • 8月

    名古屋ライトハウスへ、ワイヤレスマイク・8ミリ映写機・撮影機を寄贈する。

第9年度
(1969年7月~1970年6月)

クラブスローガン
青少年の健全な育成のために

会長:L中村市次

幹事:L林孝

会計:L山田憲三

会員数:83名
主なアクティビティ
  • 9月

    中消防署へ等身大人体模型を贈呈する。

  • 12月

    スローガンに基ずき、保護観察所へ法律の本と書籍棚、待合室にTVを寄贈する。

  • 3月

    市内3母子寮の親子200余名を招き商工会議所大ホールにて大合同家族例会を開催する。
    愛知県警察本部に図書を贈呈する

  • 6月

    北海道札幌LCとの青少年交換を昨年度に引き続き行う。

第10年度
(1970年7月~1971年6月)

クラブスローガン
青少年の健全な育成のために

会長:L野田博之

幹事:L加藤徳彦

会計:L今阪善次郎

会員数:85名
主なアクティビティ
  • 8月

    名古屋市にアジア大会開催中にPRにと、けん引式移動トイレを贈呈する。

  • 3月

    名城公園内「おふけ池」周囲に「おおむらさきつつじ」300株を寄贈植樹する。
    5年がかりで集めた使用済み切手30余万枚を、中部善意銀行に寄託する。

  • 6月

    熊本LCと姉妹提携調印式を行う。21名熊本市を訪問する。

第11年度
(1971年7月~1972年6月)

クラブスローガン
明るい社会へ身近な奉仕

会長:L古市寛語

幹事:L五十川秀雄

会計:L後藤健三

会員数:83名
主なアクティビティ
  • 8月

    姉妹提携が結ばれた熊本LCメンバー16名を迎え歓迎ナイター例会を行う。

  • 10月

    特殊学級児童47名を各務原市蘇原町へ「いもほり」に招待する。

  • 3月

    創立10周年記念として「おおむらさきつつじ」4,500株を寄贈植樹する。
    CN10周年記念式典を商工会議所大ホールにて行う。

  • 5月

    第18回年次大会が愛知県体育館で行われた。

第12年度
(1972年度7月~1973年6月)

クラブスローガン
明るい社会へ身近な奉仕

会長:L勝川真光

幹事:L原田達也

会計:L大島武雄

会員数:87名
主なアクティビティ
  • 7月

    L青山房三ガバナーに就任
    西三河地区の集中豪雨禍へお見舞いを贈る。

  • 3月

    東山動物園へゴリラの「ゴン太」のストレス解消にとTVとステレオを寄贈する。

  • 5月

    松本深志LCの少年少女を招待、各家庭で子供達の友情を深めた。
    第19回年次大会が市民会館、名古屋観光ホテルで行う。
    合同アクティビティとして、青少年公園に憩いの家を建設する。

第13年度
(1937年7月~1974年6月)

クラブスローガン
街を緑に住みよい環境

会長:L内野建夫

幹事:L今阪善次郎

会計:L山田栄一

会員数:92名
主なアクティビティ
  • 8月

    デンバーより交換学生スコット君を迎える。

  • 10月

    松本深志LCと松本市で姉妹提携調印式を行う。
    名城公園への寄贈功績により、建設大臣賞に輝く。

  • 4月

    第300回記念例会を行う。スピーカーに旧姓前畑秀子様を招聘。
    東山動物園、類人猿舎前に楠木4本寄贈する。

第14年度
(1974年7月~1975年6月)

クラブスローガン
街を緑に住みよい環境

会長:L葛谷有亮

幹事:L大橋宏男

会計:L宮地勝経

会員数:92名
主なアクティビティ
  • 7月

    ロスアンゼルス、ノーウエストLCとの姉妹提携調印式に33名訪問する。

  • 11月

    熊本市内白川公園に熊本LCと協力して、楠の木を寄贈する。

  • 12月

    栄テレビ塔周辺に街の美観を考え、フラワーポットを寄贈する。

  • 3月

    継続アクティビティ、名城公園へ「オオムラサキツツジ」1万本植樹達成する。

第15年度
(1975年7月~1976年6月)

クラブスローガン
盲人に光と愛を

会長:L高野篤信

幹事:L神野裕輔

会計:L野田公明

会員数:94名
主なアクティビティ
  • 10月

    名古屋城、お堀清掃用に、ボートを名古屋市へ寄贈する。

  • 3月

    名城公園、芝生広場へ「水飲み場」2基を寄贈する。

  • 4月

    レオクラブと協力し、使用済み切手14万枚を善意銀行へ寄贈する。

  • 6月

    姉妹提携ノーウエストLCと親善例会をハワイで開催する。

第16年度
(1976年7月~1977年6月)

クラブスローガン
奉仕に生きようライオンズ

会長:L渡辺正一

幹事:L野村貢

会計:L岩田良一

会員数:95名
主なアクティビティ
  • 9月

    市内の特殊学級へ録音機を寄贈する。
    御園学区85歳以上の高齢者にお祝い品を贈る。

  • 2月

    愛知県交通少年団指導育成協議会へ、団員用装具を400人分寄贈する。

  • 3月

    東山動物園40周年記念に、インコとオウムを寄贈する。

  • 4月

    CN15周年記念式典を名古屋国際ホテルにて、500名を迎え開催する。
    記念アクティビティとして名城公園内に、あずま屋「おふけ亭」を建設寄贈する。

第17年度
(1977年7月~1978年6月)

クラブスローガン
広がる奉仕 明るい社会

会長:L加藤徳彦

幹事:L渡辺登

会計:L小笠原長晴

会員数:95名
主なアクティビティ
  • 11月

    養蓮学園の子ども達を「松坂屋」に招きショッピングを体験しました。

  • 12月

    愛知県交通少年団へ、ベレー帽、スカーフ、腕章を400組寄贈する。

  • 2月

    東山動物園にシベリアトラ2頭を寄贈する。
    県立千種聾学校に、スライド映写機と卓球練習機を寄贈する。

第18年度
(1978年7月~1979年6月)

クラブスローガン
笑顔でつくそう 身近な奉仕

会長:L永岡卯之吉

幹事:L中村明治

会計:L山内喜逸

会員数:96名
主なアクティビティ
  • 11月

    名城公園内に「さるすべり」の木50本を植樹する。

  • 3月

    県立聾学校にフィールドアスレチック設備を寄贈する。
    名城公園に放送塔及び放送設備を寄贈する。

第19年度
(1979年7月~1980年6月)

クラブスローガン
児童にともそう 心の明りを

会長:L今阪善次郎

幹事:L大澤昭二

会計:L原田達也

会員数:96名
主なアクティビティ
  • 9月

    御園、名城両小学校に黄色雨傘250本を寄贈する。

  • 11月

    養蓮学園の児童を三ケ日みかん狩りに招待する。

  • 1月

    盲導犬協会にビデオ一式を寄贈する。

  • 2月

    東山動物園に「アメリカパイソン」3頭を寄贈する。

第20年度
(1980年7月~1981年6月)

クラブスローガン
障害者の明るい笑顔が我らの願い

会長:L大島武雄

幹事:L髙木利美

会計:L社本宮明

会員数:97名
主なアクティビティ
  • 8月

    養護施設の子供達を、サーカス鑑賞に招待する。

  • 9月

    清新館へ、集塵機、動力設備工事等8点を寄贈する。

  • 12月

    中区交通少年団育成基金として、中警察署へ寄付する。

  • 2月

    「森林オオカミ」7頭を東山動物園へ寄贈する。

第21年度
(1981年7月~1982年6月)

クラブスローガン
思いやる心が生きる良い奉仕

会長:L野村貢

幹事:L町田千春(上期) / L深尾泰三(下期)

会計:L陸田直行

会員数:97名
主なアクティビティ
  • 9月

    清新館に木工用自動カンナ、一式を寄贈する。

  • 10月

    ライオンズデーを記念して、名城公園内に太陽電池時計2基を寄贈する。

  • 3月

    名古屋国際ホテルにてCN20周年記念を行う。
    名城公園おふけ池畔に鋳造レリーフ「舞」を寄贈する。

  • 4月

    名城公園写生大会が中日新聞共催で行われ、1500名の参加がありました。

第22年度
(1982年7月~1983年6月)

クラブスローガン
拡げよう心をつなぐ奉仕の輪

会長:L林孝

幹事:L鈴木馨

会計:L山田冨三

会員数:96名
主なアクティビティ
  • 8月

    清新館へ自閉症治療器具を寄贈する。

  • 9月

    県立千種聾学校へ教材用として、ビデオカメラとレコーダーを寄贈する。

  • 10月

    中消防署に救急訓練用人形一体とフィルム映画を寄贈する。

  • 1月

    名古屋市小学校バンド演奏会を市公会堂で初めて開催、20校870名参加。

  • 4月

    中部善意銀行へ20kgの使用済切手を寄贈する。

第23年度
(1983年7月~1984年6月)

クラブスローガン
育てよう寄せる真心奉仕の手

会長:L後藤健三

幹事:L伊藤巧

会計:L川端彰

会員数:89名
主なアクティビティ
  • 9月

    中消防署へ「応急手当」の小冊子1300冊を寄贈する。

  • 11月

    東山動物園、類人猿舎前に疑木「藤棚」とベンチを寄贈する。

  • 1月

    中警察署とタイアップし麻薬追放街頭キャンペーンを行う。

第24年度
(1984年7月~1985年6月)

クラブスローガン
気配りと真心込めて良い奉仕

会長:L神野裕輔

幹事:L眞野太一

会計:L都築億

会員数:88名
主なアクティビティ
  • 7月

    米国交換学生、ホーリーフーバー嬢受け入れ。

  • 8月

    森孝勝善館へ、机3台、機械台1台、薬品ケース2個、テレビ1台寄贈。

  • 9月

    名城公園内「水の広場」に水飲場を寄贈する。

  • 11月

    前年に続き千種聾学校へビデオカメラ、ビデオレコーダーを寄贈する。

  • 3月

    桜天神社献書会にライオンズ賞を贈る。

第25年度
(1985年7月~1986年6月)

クラブスローガン
固めようクラブの和、広げよう奉仕の輪

会長:L渡辺登

幹事:L斉藤仲清

会計:L守田利弘

会員数:89名
主なアクティビティ
  • 9月

    森孝勝善館へ肩関節輪転運動器1台、自転車訓練器1台を寄贈する。

  • 12月

    防火と覚せい剤追放を訴えテイッシュ、タオルを中消防署と中警察署に寄贈する。

  • 1月

    県立千種聾学校の体育館ステージへ緞帳を寄贈する。

  • 4月

    アクティビティとして、猫ヶ洞池周辺の清掃奉仕を行う。

第26年度
(1986年7月~1987年6月)

クラブスローガン
情熱を込めて 活力ある奉仕

会長:L社本宮明

幹事:L深尾泰三

会計:L間下則雄

会員数:89名
主なアクティビティ
  • 9月

    森孝勝善館へトレーニング機器4台を寄贈する。

  • 11月

    名城LC訪中団31名が中国南京市を訪問、南京市副市長らの熱烈歓迎を受ける。

  • 12月

    CN25周年記念アクティビティとして名城公園内にあずま屋「せせらぎ亭」を完成、贈呈式を行う。

  • 1月

    中国南京市の児童30名を招き22日~25日迄、日中児童交観鼓笛演奏会を開催した。

第27年度
(1987年7月~1988年6月)

クラブスローガン
奉仕する誇りを胸に意気高く

会長:L山田冨三

幹事:L大和田安春

会計:L向田正俊

会員数:90名
主なアクティビティ
  • 7月

    森孝勝善館へ引き出し付、整理たんす20台を寄贈する。

  • 12月

    第二回の休眠衣料収集活動、ダンボール箱120箱を日本救済衣料センターへ発送した。
    使用済み切手11.5kgを中部善意銀行に発送し、老人ホーム聖明園の施設拡充設備に利用する。

  • 3月

    ブレザーコート新品1000着を中部善意銀行を通じ、養護施設へ寄贈した。

第28年度
(1988年7月~1989年6月)

クラブスローガン
つきない奉仕で明るい社会

会長:L宮地勝経

幹事:L加藤敏夫

会計:L大橋弘衛

会員数:92名
主なアクティビティ
  • 9月

    障害者文化親善訪中団ラテンバンドにステージ衣装と楽器を寄贈する。

  • 11月

    中区制80周年記念事業に、淘壁画建設基金を寄贈する。

  • 2月

    第7回小学校バンド演奏会を開催、参加児童1132名。

  • 4月

    名城公園内「おふけ亭」レリーフ「舞」周辺の清掃を行う。

第29年度
(1989年7月~1990年6月)

クラブスローガン
広く世界に奉仕の輪

会長:L間下則雄

幹事:L堀田省吾

会計:L佐藤順一

会員数:96名
主なアクティビティ
  • 9月

    「さふらん生活園」へステレオ一式を寄贈する。

  • 10月

    名城公園案内板と石柱「せせらぎ亭用」を寄贈する。

  • 12月

    養護盲老人ホーム「瀬古マザー園」へ盲人用卓球台、遊具一式を寄贈する。
    名古屋市鶴舞中央図書館を通じ「視力保護のチャレンジ」の冊子170冊を寄贈する。

第30年度
(1990年7月~1991年6月)

クラブスローガン
全員の汗で奉仕の花開く

会長:L大橋宏男

幹事:L森島忠美

会計:L藤間敏雄

会員数:93名
主なアクティビティ
  • 8月

    3回目の中区制80周年記念事業に陶壁画建設基金を寄贈する。

  • 9月

    重度重複障害者・重症身障者施設「むつみグリーンハウス」に大型テレビとビデオデッキを寄贈する。

  • 12月

    特別養護老人ホーム・養護盲老人ホーム「瀬古マザー園」へ弱視用拡大読書器を寄贈する。
    中国人留学生「李軍」さんへ奨学金を授与する。

第31年度
(1991年7月~1992年6月)

クラブスローガン
よき奉仕 よき友愛 知性とともに

会長:L守田利弘

幹事:L仲島淳司

会計:L葛谷弘平

会員数:95名
主なアクティビティ
  • 9月

    CN30周年記念事業として、ブロンズ像「今日」を愛知県図書館に寄贈する。

  • 1月

    CN30周年記念事業日中児童交歓バンド演奏会と南京少年児童民楽団の夕べを市民会館大ホールで開催しました。

  • 2月

    社会福祉法人「むつみ福祉会」へミニコンポなどの物品を寄贈する。

第32年度
(1992年7月~1993年6月)

クラブスローガン
惜しみなく 真心込めて ウィサーブ

会長:L堀田省吾

幹事:L西部英次郎

会計:L小川音三

会員数:92名
主なアクティビティ
  • 9月

    社会福祉法人ふれあいの家「シャローム」にエアコン2台贈呈する。

  • 10月

    名城公園に分別屑入れ20基寄贈する。併せて清掃奉仕をする。

  • 11月

    中国人留学生「楊兆清」さんに奨学金を授与。

  • 1月

    老人ホーム「瀬古名マザー園」にプロジェクター一式を寄贈する。

第33年度
(1999年7月~1994年6月)

クラブスローガン
真心で示せ我らのウイサーブ

会長:L鈴木馨

幹事:L伊藤康雄

会計:L西澤敏夫

会員数:92名
主なアクティビティ
  • 7月

    薬物乱用防止キャンペーンに参加。栄交差点付近にて街頭キャンペーンを実施。

  • 11月

    第5回献血協力キャンペーンを、栄小公園にて行う。
    ANL留学生「陳文静」嬢に奨学金を授与。

  • 2月

    薬物乱用防止キャンペーン用プラカード「ダメゼッタイ人形」を寄贈。
    元ガバナー当クラブ初代会長L青山房三逝去。

第34年度
(1994年7月~1995年6月)

クラブスローガン
奉仕する 喜び胸に 意気高く

会長:L向田正俊

幹事:L井上常和

会計:L児玉覚

会員数:88名
主なアクティビティ
  • 8月

    民間福祉団体「車いすセンター」へ車椅子5台を寄贈する。

  • 10月

    社会福祉法人「愛知いのちの電話協会」のフリーマーケットを支援して、衣料、タオル、石鹸などを多数寄贈する。

  • 1月

    社会福祉法人「名古屋ライトハウス」に盲人用ミシンを寄贈する。

  • 3月

    恒例の桜天神社献書会にライオンズ賞を贈呈する。

第35年度
(1995年7月~1996年6月)

クラブスローガン
一灯が 万灯を呼ぶ ウィーサーブ

会長:L眞野太一

幹事:L立木一成

会計:L中山智雄

会員数:86名
主なアクティビティ
  • 7月

    薬物乱用防止キャンペーンを名古屋市教育館での講演並びに街頭キャンペーン。

  • 10月

    名城公園内「せせらぎ亭」付近清掃奉仕。
    テーブルセット2基目を寄贈する。

  • 1月

    視覚障害者を招き「手話狂言の集い」を名古屋市芸術創造センターにて開催する。

  • 2月

    恒例の第14回名古屋市小学校バンド演奏会を市公会堂にて開催、出演21校、保護者も含め1230名の参加がありました。

第36年度
(1996年7月~1997年6月)

クラブスローガン
我々の 誓いの心 ウィサーブ

会長:L深尾泰三

幹事:L青木重臣

会計:L大井謙三

会員数:83名
主なアクティビティ
  • 8月

    「体の不自由な人に 焼き物の楽しみを」をテーマに市内9ヵ所の身体障害者施設で、作陶会を開催する。

  • 11月

    第8回献血協力キャンペーンを栄小公園にて行う。

  • 3月

    CN35周年記念事業、身体障害者作陶会を愛知芸文センター・アートスペースに展示し、三笠宮寛仁親王殿下御臨席のもと開場式、表彰式を行う。
    CN35周年記念第858回例会をヒルトン名古屋にて行う。

第37年度
(1997年7月~1988年6月)

クラブスローガン
汗流す 奉仕の絆 ウィサーブ

会長:L森島忠美

幹事:L武藤俊明

会計:L陸田國行

会員数:78名
主なアクティビティ
  • 9月

    社会福祉法人「AJU自立の家」に軽量アルミ製車椅子5台を寄贈する。

  • 10月

    社会福祉法人「名古屋いのちの電話」のフリーマーケットを4回目の支援する。
    名城公園早朝清掃奉仕、芝生広場にテーブルセットを寄贈する。

  • 11月

    社会福祉法人「名古屋ライトハウス」光和寮に運動器具3点を寄贈する。

第38年度
(1998年7月~1999年6月)

クラブスローガン
未来につなぐ 活力ある奉仕

会長:L藤間敏雄

幹事:L浅野隆司

会計:L水田定男

会員数:78名
主なアクティビティ
  • 7月

    L林孝が334-A地区ガバナーに就任。

  • 10月

    時計塔を名城公園芝生広場中央に寄贈する。

  • 11月

    麻薬、覚醒剤、シンナー等の薬物乱用防止大会が刈谷市市民会館で合同アクティビティとして開催する。

第39年度
(1999年7月~2000年6月)

クラブスローガン
真力を合わせて 大きな奉仕

会長:L伊藤巧

幹事:L青木亮一郎

会計:L田辺健一

会員数:71名
主なアクティビティ
  • 10月

    名城公園内に子供用のスプリング遊具一基を寄贈する。
    同時に早朝清掃奉仕を行う。

  • 11月

    堀川浄化の願いを込めて全名古屋LC合同で錦橋~納屋橋間にチューリップ球根1万個を植える。

  • 2月

    愛知県中警察署に「江戸とりもの時代画」を贈呈する。

  • 3月

    ロシア・ウラジオストックの病院へ中古白衣1500着、新品タオル90ダースを寄贈する。

第40年度
(2000年7月~2001年6月)

クラブスローガン
心と心のウイサーブ

会長:L立木一成

幹事:L冨田長徳

会計:L新田敏明

会員数:71名
主なアクティビティ
  • 9月

    社会福祉法人「AJU自立の家」に携帯用誘引器を寄贈する。

  • 11月

    社会福祉法人「名古屋いのちの電話」のフリーマーケット支援に、会員の拠出品を寄贈する。

  • 2月

    全名古屋LC合同アクティビティ市民公開講座開催「21世紀のまちずくり~地域環境の視点から」講師安藤忠雄氏を招き、テレピアホールで開催しました。

第41年度
(2001年7月~2002年6月)

クラブスローガン
21世紀 翔舞の時 我が名城

会長:L仲島淳司

幹事:L新田敏明

会計:L高見和久

会員数:71名
主なアクティビティ
  • 9月

    全名古屋LC合同で堀川一斉大掃除。
    「堀川を清流に」と水上パレードに参加する。

  • 2月

    CN40周年記念事業として、シドニー市のニューサウスウェルズ・パブリックスクール・フェスティバルバンド30名を招待、日豪児童交歓演奏会を愛知県芸術劇場コンサートホールで開催する。
    CN40周年記念事業の一環として、愛知県美術館へ洋画2点を寄贈する。

  • 3月

    CN40周年記念式典をヒルトン名古屋にて開催する。
    大会委員長はL社本宮明が努める。

第42年度
(2002年7月~2003年6月)

クラブスローガン
仁と和に 笑顔をそえて ウイサーブ

会長:L中山智雄

幹事:L原勝彦

会計:L田島治郎

会員数:66名
主なアクティビティ
  • 7月

    第85回ライオンズクラブ国際大会、大阪大会に例会振り替えで30名参加しました。

  • 10月

    名城公園内「花の道」に紫陽花60株、水仙156株を植栽。「あじさいの道」と命名、銘板を立てる。

  • 4月

    1Z6C名古屋(現名古屋ホスト)、名城、中、北、城北、栄LCの合同アクティビティとして名古屋市へ、小学校総合学習補助教材CD-ROM「堀川ミュージアム」を制作。
    贈呈、発表会を中区役所ホールにて行う。

第43年度
(2003年7月~2004年6月)

クラブスローガン
和の力 今こそ示そう 奉仕のために

会長:L青木重臣

幹事:L竹田健司

会計:L鬼頭宏治

会員数:63名
主なアクティビティ
  • 7月

    久屋大通公園、「第33回なごや夏祭り」会場内にブースを出し、堀川、庄内川等の川の愛護をPRする。

  • 11月

    前年に続き「あじさいの道」へ紫陽花120株、水仙球根156球を植える。

  • 4月

    堀川1000人調査隊成果発表会が中区役所ホールで行われた。

  • 6月

    音楽を学ぶ学生に発表の場を与える趣旨で、名古屋芸大の学生に例会時演奏をして頂いています。
    年間10~12回現在も継続中です。

第44年度
(2004年7月~2005年6月)

クラブスローガン
心のふれあい 叡智の奉仕

会長:L小川音三

幹事:L高部眞仁

会計:L服部信一郎

会員数:65名
主なアクティビティ
  • 7月

    「薬物乱用防止教育講師養成講座」に参加、L原、L大崎、L野崎が認定講師の資格を取る。

  • 10月

    恒例の名城公園早朝清掃奉仕を行う。
    献血奉仕を栄がスビルで行う。

  • 1月

    第23回名古屋市小学校バンド演奏会が市公会堂にて開催。23校、児童850名保護者延べ2000名余と年々盛況になる。

  • 4月

    ライオンズこども万博デーを開く、招待客1500名と共に「愛・地球広場」でのイベントに参加する。

第45年度
(2005年7月~2006年6月)

クラブスローガン
倶に楽しみ 感謝の奉仕

会長:L水田定男

幹事:L坂野實

会計:L小川令持

会員数:65名
主なアクティビティ
  • 7月

    「愛・地球博」ライオンズこども万博デーに協力、1300名の子ども達を全国から招待する。
    且会場内にて「打ち水大作戦」を行う。

  • 10月

    東洋東南アジアライオンズ・フォーラム仙台に代表が参加する。

  • 11月

    名城公園「あじさいの道」に5ヶ年計画の4年目として、水仙の球根を植樹する。共に早朝清掃を行う。

  • 4月

    1R1Z献眼・献腎合同慰霊祭を平和公園内「顕彰の塔」にて行う。

第46年度
(2006年7月~2007年6月)

クラブスローガン
明日を拓く 活力ある奉仕

会長:L武藤俊明

幹事:L服部信一郎

会計:L山田明彦

会員数:64名
主なアクティビティ
  • 8月

    CN45周年記念アクティビティとして、名古屋市健康福祉局に、災害救助用緊急自動車1両を寄贈する。

  • 10月

    CN45周年記念追悼式をヒルトン名古屋にて行う。

  • 3月

    CN45周年記念例会をヒルトン名古屋にて開催する。
    記念アクティビティとして、現在再建準備中の名古屋城本丸御殿の模型を披露し名古屋市に贈呈した。
    又アンジェリーク吹奏楽団のミニコンサートも行う。

第47年度
(2007年7月~2008年6月)

クラブスローガン
グローバルに世界に向ける奉仕の目

会長:L青木亮一郎

幹事:L大崎功一

会計:L小森鋭一

会員数:61名
主なアクティビティ
  • 10月

    献血キャンペーン、栄献血ルームにて。

  • 11月

    薬物乱用防止教室を、丸の内小学校で開催。

  • 2月

    第26回名古屋市小学校バンド演奏会を開催。

  • 5月

    中国、内モンゴル自治区クブチ砂漠恩格貝に植林。

第48年度
(2008年7月~2009年6月)

クラブスローガン
心のこもった 実のある奉仕

会長:L原勝彦

幹事:L入江鐵夫

会計:L榎本恒男

会員数:55名
主なアクティビティ
  • 10月

    献血アクティビティ、栄ガスビル日赤献血ルームにて実施。

  • 11月

    AJU自立の家「陶芸教室」重度障害者20名を対象に実施。

  • 2月

    AJUサマリアハウスに焼きあがった陶芸作品を届ける。

  • 4月

    1R1Z合同アクティビティ、堀川フラワーフェスティバル水遺り作業を実施。

第49年度
(2009年7月~2010年6月)

クラブスローガン
WESERVE明るく元気に団結力

会長:L高部眞仁

幹事:L栗本昌廣

会計:L水田定男

会員数:39名
主なアクティビティ
  • 7月

    我がクラブよりL青木重臣が334-A地区ガバナーに輩出。

  • 8月

    名古屋打ち水大作戦に参加。

  • 1月

    第28回名古屋市小学校バンド演奏会を市公会堂にて開催。

  • 5月

    名城公園「あじさいの道」へ紫陽花の捕植を行った。

第50年度
(20010年7月~2011年6月)

クラブスローガン
心あれば行動に出るウイサーブ

会長:L服部信一郎

幹事:L山田明彦

会計:L武藤俊明

会員数:40名
主なアクティビティ
  • 10月

    堀川一斉大掃除

  • 11月

    丸の内中学校にて薬物乱用防止教室開催。

  • 1月

    第29回名古屋市小学校バンド演奏会を市公会堂にて開催。

  • 3月

    桜天神社献書会へ「ライオンズ賞」贈呈。

第51年度
(2011年7月~2012年6月)

クラブスローガン
共に奉仕の玉汗を、共に玉成の喜びを

会長:L竹田健司

幹事:L荒尾直志

会計:L小川令持

会員数:46名
主なアクティビティ
  • 8月

    全名古屋合同アクティビティ「打ち水大作戦」に参加した。

  • 10月

    名城公園内に紫陽花の植栽を行った。

  • 12月

    名城公園内に約150メートルに渡り、「さくらの小径」と名づけ、桜を中心に約2800本のの植樹を行った。

  • 2月

    CN50周年記念事業として、スリランカへ幼稚園校舎を寄贈。スリランカでの竣工式に14名が参加した。

  • 3月

    CN50周年記念式典を、名古屋観光ホテルに280名が出席し盛大に開催いたしました。

第52年度
(2012年7月~2013年6月)

クラブスローガン
楽しい集いの我がクラブ

会長:L新田敏明

幹事:L鈴木修三

会計:L坂野實

会員数:43名
主なアクティビティ

第53年度
(2013年7月~2014年6月)

クラブスローガン
支え合う、愛と真心、ウイ・サーブ

会長:L浅野隆司

幹事:L小川音三

会計:L武藤俊明

会員数:42名
主なアクティビティ
  • 7月

    アイスランドのYCE生サガ・ロマンさんを受け入れました。

  • 8月

    恒例の第62回打ち水大作戦に参加しました。

  • 10月

    栄の献血ルームに於いて献血奉仕を致しました。二日間で174名の献血者でした。

  • 2月

    第32回名古屋市小学校バンド演奏会が市公会堂で1400名参加で行われました。

  • 5月

    名城公園内「さくらの小径」周辺の早朝清掃奉仕を行い致しました。

第54年度
(2014年7月~2015年6月)

クラブスローガン
今求められる奉仕を

会長:L陸田國行

幹事:L小田悟

会計:L服部信一郎

会員数:40名
主なアクティビティ
  • 9月

    栄の献血ルームに於いて恒例の献血奉仕を行いました。二日間で156名の献血協力を頂きました。

  • 11月

    名古屋市丸の内中学校に於いて薬物乱用防止教室を開催しました。

  • 2月

    第33回名古屋市小学校バンド演奏会を開催しました。出演者、スタッフ約1380名・一般来場者数約1500名でした。

  • 3月

    桜天神社に於いて献書会が行われライオンズ賞を授与しました。

第55年度
(2015年7月~2016年6月)

クラブスローガン
笑顔を作ろう‘We Serve’

会長:L大崎功一

幹事:L亀井義徳

会計:L武藤俊明

会員数:38名
主なアクティビティ
  • 8月

    名古屋打ち水大作戦2015が栄、広小路通りで行われました。

  • 10月

    栄の献血ルームにて献血奉仕が行われました。126名の献血参加者がありました。

  • 2月

    第34回名古屋市小学校バンド演奏会が市公会堂で開催しました。今回は初めて、2部制で行いました。

  • 3月

    334・A地区「ダメ・絶対ダメ」薬物乱用防止PRキャンペーン合同アクティビティに参加しました。

第56年度
(2016年7月~2017年6月)

クラブスローガン
支えあう心 それが奉仕の力に

会長:L荒尾直志

幹事:L木全博道

会計:L宮地善行

会員数:38名
主なアクティビティ
  • 10月

    名城公園内に合成樹脂製、人工木のテーブルセット
    4組寄贈いたしました。

  • 12月

    名城公園「あじさいの道」にあじさいを植栽致しました。

  • 2月

    第35回名古屋市小学校バンド演奏会を今年も二部制で行いました。
    午前、午後あわせて38校が演奏して頂きました。

  • 2月

    CN55周年記念事業としてスリランカの曙幼稚園にトイレ棟新築、現地贈呈式にL原委員長他5名で訪問。

  • 3月

    CN55周年記念例会を観光ホテルで姉妹クラブの熊本LC
    松本深志LC、友好クラブの愛知さくらLC、1R1Z6クラブの150名が参加頂き盛大に開催いたしました。

第57年度
(2017年7月~2018年6月)

クラブスローガン
明るく元気に“ウィ・サーブ”

会長:L小田悟

幹事:L山路昌宏

会計:L吉野修進

会員数:41名
主なアクティビティ
  • 10月

    去年12月に紫陽花を植栽した、名城公園内の「あじさいの道」周辺を小雨の中、早朝清掃作業を行いました。

  • 12月

    栄ガスビル献血ルームにて、献血アクティビティを実施いたしました。今年は174名の献血受付がありました。感謝です。

  • 2月

    メインのアクティビティ「第36回名古屋市小学校バンド演奏会」が今年は日本特殊陶業市民会館フォレストホールにて2部制で行いました。

  • 5月

    白川公園周辺にて1Rユニファイドリレートーチ・ランが合同アクティビティとして行われました。今年9月に愛知県内で開催されるスペシャルオリンピックスの告知でした。

第58年度
(2018年7月~2019年6月)

クラブスローガン
互いに感謝!ウイサーブ

会長:L亀井義徳

幹事:L陸田國行

会計:L照沼実

会員数:41名
主なアクティビティ
  • 8月

    1R1Z合同アクティビティ、「第67回名古屋打ち水大作戦2018」に会長他5名参加しました。

  • 10月

    午前7:00より名城公園内「あじさいの道」周辺を曇天の中ほぼ全会員出席で清掃を行いました。

  • 10月

    恒例の献血アクティビティを実施致しました。今年は二日間で158名の献血受付を協力頂きました。

  • 2月

    メインアクティビティである「第37回名古屋市小学校バンド演奏会」を日本特殊陶業市民会館フォレストホールにて2部制36校が参加し、会場も大盛況でした。